2014年11月8日

PsychoBreak CHAPTER.13~CAPTER.15 クリア





【CHAPTER.13】

キッドはバスもろとも転落して、ジョセフとは現地集合になったので
ここはほとんど1人だったかな。


ぶらんぶらんしてる列車を目指すらしい。遠い。

前回ボスのようにドヤ登場したアンノウンがわらわら出てきて笑った。
一番死んだのはルンバ部屋。
バイオ6みたいと思ってたのは最初だけで
こっちのルンバは刃物付きで触れただけで大ダメージ。当然爆発もする。
その上、天井から炎は噴き出すし、床からは槍が突き出すし出口には硫酸トラップがあるし…
ここまでせんでもええやん。心折れそうになったわ。

この後、タティアナさんとこで見たくなかった張り紙を見る。



今まで見てきた行方不明者ってみんなホーンテッド化か死んだんじゃないの…。

最後はキーパー戦。そんなにしんどくは無かったかな。3回くらい死んだけど笑。



【CHAPTER.14】

ここで行方不明者タティアナの張り紙を見る。
これを最後にタティアナさんがセーブ部屋からいなくなってしまう。

クウェル戦は唯一死ななかったボス戦。やった!笑



【CHAPTER.15】




最後はここに戻ってきた。長かったなぁ、ほんと長かった。
CHAPTER.2から最後までずっとレスリーを追いかけてきたけど
本当は導かれてたのかも。

ここからは目玉と脳みそと血でグッチャグチャのドッロドロですよ!





最後を飾るべく死闘が続く。
ホーンテッドの群れが襲ってくるのは何回かあったけど
アンノウンが混じってたり、途中でサディストも参戦するので
大変だった(しかもサディストはロケットランチャー持って登場する)
次のキーパー戦も同時に2体出てくるし、ルンバのおまけが付いてるし、弾が無くなりかけてちょっと泣きそうになった。
途中でセーブ部屋に行けなくなるの知らなくて、アイテムをロッカーにたくさん入れたままにしてたから。
マグナムの弾いっぱいあったのに…。


そして衝撃の光景。STEMシステムに接続された自分自身。




他にもジョセフ・キッド、主要メンバーは皆いた。

ラスボス戦では脳みその上にダイブしたりあっち飛ばされこっち飛ばされして、セバスチャンが丈夫過ぎ。
最後は巨大な有刺鉄線に串刺しにされながらロケットランチャーぶっ放すんですよ。
すごいわこんな主人公初めて見たわww
ホラーなのにやたら冷静で淡々としてたから、ここのセバスチャン見てグッときたわ。
なんか…なんか胸がいっぱいになったw
セバスチャンは、どんな致命傷を負っても
現実の自分の肉体が傷つかないって分かったからこんな事が出来たのかな。




という訳でクリアしました。
サバイバル力も戦闘力も最低ランクの私が出した死亡回数がこちら。





193回も死んだんやで…すごいやろ…

このゲーム、難しいって言う人、そんなに難しくないって言う人いろいろだけど
自分はすごく難しかった。
ノーマルレベルのSURVIVALでこれか、と思った。
比べるのもアレかもしれないけど、よっぽどラスアスの難易度サバイバル(こっちは高難易度)の方がヌルく感じた。

死んで覚えるゲームだ、ということを置いてもかなりマゾゲーだなという印象。
スキル振り分けの優先度を失敗すると悲惨なことになる。
まずはストックかなあやっぱり。
アガニボルトは早めに強化するとラクかもしれない。
自分の場合は特にフラッシュボルトとショックボルトを多く使った。
逆にマインボルトとハープーンボルトはほとんど使わなかった。
セバスは最終的に6秒ダッシュおじさんにした。
近接攻撃は一度も強化してない。


ストーリーに関しては解明されてないことが多くて、正直よくわからないまま終わったな。

・姉ラウラを生き返らせるため?にルヴィクがSTEMシステムの研究を開始する。
・マルセロと謎の組織がSTEMシステムを横取りして、ルヴィクを生きたまま解体。脳だけの存在にする。
・時間的には↑の前後になる?だいぶ後になる?セバスチャンの妻マイラが娘の死の調査を開始。
・マイラが行方不明になる。セバスチャンがマイラの残した資料をもとに調査を始める。
・キッドがセバスチャンの部下として配属される。たぶん組織がセバスチャンの動向を探るため。
・ビーコン精神病院で監視カメラのルヴィクを見たところまでが現実世界
・その後、組織によってSTEMシステムに接続される(セバスチャンが時々見る、医者が登場する赤い悪夢は現実の出来事)

…という流れでいいんですかね。

キッドはレスリーを殺害するために自らSTEMに接続したんだろうか。
そもそも組織の目的やら正体がまったくわからない。
まだ他にもたくさんわからないことはあるし。
ここら辺はDLC待て!って事なの?え、そうなの?w

セバスチャンがひとり精神病院から出てくるラストは現実かどうかハッキリしない。
直前にあったキッドが出てくるシーンが現実だとしたら、セバスチャンはまだSTEMシステムに接続されてるままかもしれない。
タティアナらしき人がキッドと一緒に出てきたような気がするので、タティアナも組織の人間かも。
ジョセフはやっぱり死んじゃったのかな…。

レスリーのことは組織が危険だって言ってるだけで、実際何も分からないまま。
ラストのレスリーは歩き方が別人なので、もしかして中身はルヴィクかもしれない。

1周目で思ったことはこんな感じかなあ。
ぐだぐだ書いてるよりアーカイブ全部集めろよってことで、今2周目やってます。


2 件のコメント:

  1. 遅ればせながら、クリアおめでとうございまーす\(^o^)/
    TLで拝見しましたが、今はさらに難易度上げてプレイされてるとか!!すごいよ・・・すごすぎるよ、かずはさんっ!
    セーブポイントに戻れないのは、一番ツライですよね。
    セーブポイントに泣かされたゲームで思い出すのは、ドラクエ2という私(^_^;)
    サイコブレイクはまだまだナゾが深くて、これらがDLCで解明されてるのか気になりますね!
    現実なのかSTEMシステム接続されてる状態なのか。
    こういう曖昧な現実感もホラーゲームの面白さなんでしょうね。
    私もいつかデビューできるといいのですが、なにせ、クロックタワーのゴーストヘッド辺りでホラゲーは
    ストップしちゃってます。

    そういえば、ツイッター見てるとジョセフ萌えな方が多くて!
    皆さんメガネ好きなんですねw

    返信削除
  2. ありがとうございますートモさん!
    難易度上げてやってみたはいいけど、SURVIVALで終盤に出てきた敵が序盤に登場してて、もう挫けてますよw
    今月末に楽しみにしてるゲームが来るまで、もうちょっと頑張ってみます!
    このゲームはチェックポイントでオートセーブされるんです、でもセーブ部屋に行けなくなってしまって…
    弾をその部屋に温存してたものですからガッカリしてしまいましたわ~(泣)

    お話は2周目やってようやく分かってきたような感じです。
    ホラーってこういう後味悪いラストが多いですよねw
    DLCで曖昧なところがハッキリするといいですなあ。

    クロックタワー懐かしい!!
    私はゴーストヘッドはプレイ動画で済ませてしまってます…日本が舞台でしたよね。
    クロックタワー3までやりましたよーあのミュージカルって言われてるやつ笑

    そうなのです!ジョセフはサイコブレイクの癒しですよ!
    やはり美形メガネはモテるんですねw
    実際プレイすると、ここでは書ききれない萌えシーン満載でww トモさんもぜひぜひ!

     

    返信削除