2015年1月20日

Dragon Age: Inquisition ロマンスについて 【カレン】







乙女ゲーはたまにプレイするものの、イマイチのめり込めない自分が
なんでDAのロマンスではこんなに夢中になってしまうのか、考えてみた。

・DAのロマンスはあくまでオマケ
・人外と恋愛できる
・LGBTのキャラがいる
・ガチムチも渋いおっさんも基本、中身が乙女
・かっこ悪さがリアルでむしろ魅力的(弱音吐いたり泣きついたり嘘ついたり)

…などなど。
自分は、乙女ゲーでは鉄板のドSとか俺様キャラがどうも苦手です。
でも人気ですよね、世間一般では…。
DAに限らずキャラメイクできるゲームは、主人公が男女関係なく男前な行動をとるので
相手の男性に「もうお前がヒロインじゃんww」とツッコめるのが良いのです。
今までのDAではバイセクシャルなキャラばかりで、同性どうしでもご自由にどうぞ!て感じでしたが
DA:Iからは完全に同性愛者のキャラが登場して、ますますこだわりを感じます。





さて私のDA:Iの初ロマンス相手はカレンです(今は2周目でブルさんとロマンス中)
実は書かないつもりだったのですが…と言うのも本気でときめいてしまって
記事を書くのが、はは恥ずかしくなってしまいましたww
でも、ブログのネタがないので書くことにします。
ネタバレ感想・画像あるので注意。

























※文章の中に説明入れるの大変なので、ものすごーく雑に以下の説明しときます。

・魔道士…魔法の才があることが判明すると、強制的にサークルに入れられ死ぬまでサークルで過ごす。常にテンプル騎士に監視されながら魔法を学ぶ。

・テンプル騎士…教会直属の騎士。魔道士が悪鬼になったりブラッドマジックを使用したりしないよう監視し、いざというときは始末する。

・リリウム…テンプル騎士が魔道士に対抗するために常用している。中毒性がある。

・DA:Iではサークルは崩壊してテンプル騎士と魔道士の関係は最悪になっている。






以下、個人的おすすめプレイと、審問官のクラスによるカレンの反応の違い、感想など、ごちゃ混ぜの箇条書き。


・冒頭のクエスト『天の憤怒』でレリアナと会話したあと
突撃コースと山道コースを選ぶときは、突撃コースを選ぶとカレンが登場する。
ちょっとだけ早くカレンに会える笑。

・『その心の中に』では魔道士ルートを選んだほうがいいです。
魔道士ルートでしか発生しない、カレンの個人クエスト『夜明け前』がある。

・ウィンターパレスではカレンの前を通るたび、貴族たちがカレンを口説いてるのが聞ける。
けっこう色々なことを言われてます。髪が綺麗、瞳が綺麗、笑うと魅力的なのに…等。
そしてカレンのそっけない返答が楽しい。
「独身でいらっしゃるの?」「私は仕事と結婚しています」
とか。もうちょっと審問会イメージアップのために愛想よくしてもいいのよ??

カレンのロマンス相手は人間かエルフの女性のみです。

・人間審問官は貴族なので、ロマンスが始まった直後に
「貴族出身で上官の審問官に言い寄られたら指揮官もイチコロ」
といった内容の噂ばなしが聞けてちょっと興奮する(それだけ)

・倫理的道徳的にお固そうなカレンが、異種族のエルフと恋愛できるのは
以前暮らしてたサークルにはエルフがたくさんいて特に抵抗が無いから、らしい。

・個人的に魔道士の審問官がおすすめです。
カレンは元テンプル騎士なので、審問官のクラスを魔道士にすると特別な会話が発生する。
他クラスとそんなに変わるわけじゃないですが
「魔道士の私を愛せるの?」という特別選択肢が出ました。
あとは「あなたが魔道士というだけで意識しなかったかと思うと…」みたいなカレンのセリフが聞けました。









カレンロマンスはもう王道。身も心も満たされるという感じ。
欲しいセリフを言ってくれるし、見たい表情を見せてくれるので本当に満足です。
普段の声は無骨な感じだけど、ロマンス会話になるとすごく甘いささやき声になるのもいい。
キスシーンもベッドシーンも、女なら一度は憧れるような展開だし。
リリウムの禁断症状に苦しむクエスト(カレンはリリウム摂取を止めていて禁断症状に苦しんでいる)と
指揮官として審問官を敵地に送りこむことに対しての葛藤のシーンはかなりキュンとくる。
シナリオ書いた人…女心がわかってるな!





「やったーカレンとロマンス完遂したぞ~」じゃなくて
「カレン、審問官と結ばれて本当によかったね…!」と思ってしまう。
それくらい奥手で一途だったなあ。やっぱりヒロインだ。







0 件のコメント:

コメントを投稿