2012年10月5日

BIOHAZARD 6 レオン編チャプター1

今日はレオン編のチャプター1から。
何が出るか分からない、不気味な大学構内をゆっくり歩く…初期のバイオっぽい。
レオンとヘレナも声をひそめて会話するので、いい感じにドキドキする。
あの、バイオ5ってパートナーが目の前をチョロチョロしてた記憶があるんですけど、
6は全然邪魔にならないですよね。 むしろドコ?ドコにいるの!?って探してしまう…。
それはそれでなんか寂しいというか。
シェバが銃構えてる真ん前で立ちはだかるクリスが懐かしい。

この後、ゾンビフラグ立てまくりのオジサンと一緒に行動するんですけど、
稲光の中、浮かぶ血の手形とか
途切れ途切れに聞こえるノクターンとか最高です。


…なんて思っていられたのは、大学脱出まででしたけど。

地下鉄はちょっと楽しかったです。
ゾンビ倒しながら、電車通過するとき、パッとよけるんですけど、
ゾンビは当然よけられずに成仏されるんですよ。
お亡くなりになった場所にスキルポイントが点々と…。
これがなぜかツボに入って電車通るたびに笑ってしまいました。

市街地に入ってからはなんか長かったし、しんどかった…。
武器屋に着いてからの篭城戦とか、狭い部屋で暴れまわるデブとか。
一般人と一緒に戦うんですけど、洋ドラのウォーキングデッド思い出した。

レオン編終わった後、オッサンばかりの操作に飽きてきたので (失礼!)
ちょっとヘレナで遊んでみました。

思いました…
 ヘレナ操作の方が数倍ときめく。そして楽しい。








ボタンもうちょっと留めたほうが…っていうか何カップですか?ヘレナさん。


後ですね…ヘレナ操作だとレオンが後ろから囁くんですよね…。あれなんかゾクゾクするんですけど!w


0 件のコメント:

コメントを投稿