2017年10月27日

サイコブレイク2 おかえりセバスチャン





気の毒な人が多いホラゲ主人公の中でも、気の毒さがトップクラスの主人公(だと思っている)セバスチャン・カステヤノスが帰ってきました。








2はビーコン事件から3年後の話ですね。
警察は退職していて現在は無職なんだろうか。
酒におぼれる荒んだ生活を送っているようです。前作からアルコール依存だったけど。


すべて失って人生どん底のボロボロ状態で、休日のお父さんが着てるようなシャツを着てても、相変わらずセクシーな魅力は健在で(…健在よ⁇)今回のセバスチャンも色気を醸し出していて、とても、とても、やる気が出ます。ああ~おかえりおかえり…!







前作のラストがいまいちスッキリしなかったんですよね。

STEMから生還したように見える。でも本当にそうなのか。現実に戻ってきたと思ってるのは本人だけで、もしかしてSTEMに繋がれたままなのかもしれない…みたいな終わり方だったけど、やはり現実に戻ってこられたらしい。復活したルヴィクどうなったん…。





難易度は前作と同じサバイバルでやっています。
ただ、難易度は全体的にかなり低くなっていて、2のサバイバルは前作カジュアルの難易度らしいです。

これは、本当にあのサイブレ…?あの、難しくてクセのあるサイブレ??
と思うほど遊びやすくなっててビックリした。

一回死んで覚えろよ、がほとんど無くなってるかな。
「こんなんズルいわ!」とコントローラーを握りしめて叫ぶこともない、です。今のところ。

今思い返してもセンチネル戦の回避判定と、ラウラ戦のマッチ燃えた判定はシビアだったと思うんです…。



ホラー度は薄くなってるかもしれない。
というもの2では、セバスチャンは自らの意思でSTEMに接続されることになり、前作と違って状況が把握できてるんです。
これだけで怖さがまったく違う。

でも、サバイバル>>>ホラーではなくて、サバイバルな部分とホラーの部分が分かれてる感じ。
ユニオンの探索はサバイバルとして楽しめるし、ステファノの世界やビーコン精神病院の世界は純粋にホラーになってます。

それからユニオンにはメビウスのアルファチームがいて、そこそこ協力的だし、現実ではキッドマンがSTEM風呂に入ってるセバスチャンを見てくれてるし、前作とは違って安心感があります。



ドS仕様のスキル強化椅子は前回と変わらず。
またタティアナさんと再会できて嬉しい。
何だろ…あの濃密な空間。すごくイケナイことしてる気分になるわ。タティアナさんにもドキドキすること言われるし。
あータティアナさんとSTEMの外でお話してみたい。





ところで前作のDLCをやってないと、キッドマンがメビウスの人間だってわからなくないですかね?
そこらへん説明不足の気がするんですが。

たぶんマイラもメビウス側…ですよね。DLCのラストでマイラっぽい女性が出てきたし。

ジョセフは死んだと思ってましたが、もしかして生きてるかもしれないですね。

この辺り、これから解ってくるといいな。



今はチャプター6をやっています。

序盤の丸腰状態の時に追いかけられて、チャプター5でボス戦になった、頭がたくさんついてる女型のバケモノ、そいつが普通にザコ敵で湧いてきて震えた…。
こっちもスキル強化のために、一度住宅街へ戻ってグリーンジェル集めをしました。


スニークスキルの強化ばかりしてたら、タティアナさんに「慎重なのもいいけど戦闘能力も大事」的なことを言われましたわ。そんなことも言うのね。

住宅街の敵は大体倒したので、他の地区の敵もチェックしつつ、出来る限り強くしたセバスチャンで劇場に乗り込もうと思います。









おまけ

チャプター1で見つけたセブとマイラの結婚写真



わかりにくいけど、銃を持ってポーズしてます。
こんなお茶目な夫婦だったんですね。