2017年12月31日

2017年惚れた男性キャラ




今年は歳が若い人から並べてみました。
と言いつつも公式で年齢が公表されていない人も多く、何となくこんな感じかな~くらいのふんわりした並べ方です。
1人を除いて全員ヒゲです(喜)





・ウィリアム(仁王)




アゴはそのうち見慣れてきます。
体験版の時点では、三浦按針がモデルで、何者かを追って日本へ辿り着いたということしか分からなかった。なので妻か子どもが拉致され、犯人を追って日本へ来たのかなあとぼんやり思ってました。見た目からして良くも悪くも経験豊富な、程よく汚れた大人かと笑。
実際には彼は守護霊シアーシャを奪われて日本まで追ってきたのでした。そして非常にピュアな人だった…。よくこんなので今まで死なずにこられたな(後で理由がわかる)
歳もかなり若そう。表情や振る舞いを見てると恐らく20代前半…そして恐らく童貞(久秀談)色々すまんかった。
ウィリアムが落命するたびに祠から再チャレンジする仁王のシステム、ウィリアムは本当に死んでは蘇りしてるんですね!彼がシアーシャを信じる限り、シアーシャは何度でも彼を蘇らせるという。
えっ…悪夢じゃないですかそんなの。わたし絶対耐えられないわ(雑賀孫一戦を思い出しながら)




・イグニス(FF15)




おかんのような軍師、いやむしろ軍師のようなおかん…などと思っていました最初は。
とんでもない人だった。もちろん男性としても魅力的だけど、彼の生き様に惚れました。
欠点とか、あるのかな…王子に甘いところとか?恋人ができてもすごく甘やかしそう(うらやま)
途中で失明しますね…普通なら絶望して弱音も吐くだろうに、彼が一番心配していたのは自分のせいで他の3人がギスギスしていたことだったり。失明しても「一緒に旅がしたい」と3人に言うシーンはFF15の中でも名シーンだと思う。
失明してから戦闘スタイルが次々と変化しますね。失明した直後の戦闘は見てるだけで泣けてくるからあまり見ませんでした。10年後は「これ見えてるんじゃないの!?」というほどの戦いぶり。どれだけ努力したんだろう。
ところでイグニスって「炎」という意味なんですね。一見クールな眼鏡キャラのようで、実は内に情熱を秘めている彼にピッタリの名前です。そういえばWDのエイデンさんも「火」という意味らしい。まあエイデンさんは激情タイプだし……って最後関係ない話になってしまった。




・ニル(ホライゾン ゼロ ドーン)




元カージャ族の兵士。戦いの中でしか生きる価値を見出せない人。
機械獣を倒すことには興味がない。獣を殺すと肉が無駄になるし善人を殺すと罪になるから山賊狩りをしています。「だってあいつら死んでも誰も悲しまない」から。娯楽のために山賊を殺す。
生き物が死んでいく瞬間を見ることに快感を覚えるようで。会話の途中で妄想が始まり恍惚状態になるのはやめた方がいいと思うよ…アーロイもドン引きしてるし。
こうやって書くと、かなりヤバい男ですが、実際に彼と会話してると一途で生真面目な人という印象しかない。だからこそ、こういう生き方しかできないのかなとも思う。
最後、ニルと決闘するか、決闘せずに別れるかの二択を迫られます。ニルのことを考えるとあの場で死なせてあげる方がいいと思うな。憑き物が落ちたような安らかな顔で死んでいくんですよ。私はセーブして両方の結末を見て、決闘せずに別れました。「戦いをやめろ」とアーロイが諭すのですが、その時のニルの顔がもうすんごく可愛くて…だってしょうがない。子犬のような眼をして拗ねるニルが悪いんだよ。




・セバスチャン(サイコブレイク2)



前作セバスチャンも好きでしたが、2のセブはもうね…数年に一度現れるかどうかの理想のイケ髭(ラスアスのジョエルさん以来)
空虚だったセバスチャンに魂が吹き込まれたと思うほど、前作とは大きく印象が変わりました。
前作のセバスチャンは心が壊れた状態だったというか。普通だったら発狂しそうな状況でも割と平然としてるように見えたり、ジョセフやキッドマンに対してもどこか冷めてる態度に見えたりしました。しかし2でも、絶体絶命の状況から脱した最初のひと言がソレかよ!?というセリフを言ったりするので、もしかしたら他人より恐怖心がマヒしてるのかもしれない…。
2ではストーリーが進むにつれて、セバスチャンの心情も変わっていきますね。リリーが生きてると分かった時の彼の表情、その後STEMに接続される瞬間の顔(後にビーコン事件に相当なトラウマを抱えているとわかる)マイラの計画を知った時の顔、家族が再会した時の顔…どんどんセバスチャンの顔つきが変わる。
前作セブは衣装がすごく好きでした。自分が男性のベスト姿に弱いというのもありますが、ネクタイの緩め具合やシャツの袖のまくり具合やら、計算され尽くしたあざとさに見惚れてしまった。
2の衣装は初めて見た時、なんでこんなダサい恰好になったん…とかなりガッカリしました。が!すぐに前作よりも好きになってしまった。やたら胸筋を強調するシャツ、ガンホルダーのデザインは2の方が好き(どこが好きとか上手く言えない)通信機やナイフを装備した魅惑の腰つき、額にかかった前髪や血管の浮き出た腕や手など。もう大変、ゲームに集中できない(アホ)
この父親らしさとセックスアピールの絶妙なバランス。むしろ前作よりあざといよセブ!!!と大興奮したんですが、人によってはただのオッサンにしか見えないと思います…笑。




・雑賀孫市(茜さすセカイでキミと詠う)



アカセカみたいな男子の数が多いソシャゲって、ストアを見てるだけだとメインの男子しかわからないんですよね。たまたま気まぐれで公式を覗いて、孫市さんを見つけてしまいました。それからというもの、もうズブズブ沼へ。いやいや後悔はしていませんよ…。
アカセカは男子の年齢を公表していないのですが、孫市さんは「中年男性」と明記されてるので、40は超えてるのかなと思います。
すごく目の細い人ではなくて、たぶんいつもこういう顔をしているのかと。ここぞという時には開眼します。っていうか、開眼すると「狙った獲物(巫女)は逃さねえ」感がすごいな!
男子たちは巫女のことを色々な呼び方をしていて、例えば名前で読んだり「姫」とか「女」とか。彼は「巫女様」って呼びます。それがすごい好き。それから「側にいろ」でもなく「側にいたい」でもなく「側にいさせてほしい」っていうセリフがたまらなく好きです。声は新垣樽助さんで、頼りがいのある笑いを含んだような喋り方をします。それも好き。
もう見た目も性格も声も好きすぎてしんどいですわ。
孫市さんは現在6種類かな?全部お迎えするのが目標です(今は5種類持ってる)一番好きな物語はうつけ者の陽です。陰はまだ読んでないから早く読みたい!






・コル将軍(FF15)



コル将軍については散々語ったので省略。もう少し見せ場が欲しかった人でした。




・コルヴォ(ディスオナード2)



前作では無言主人公だったので、非常にミステリアスな魅力がありました。2ではしゃべります。しゃべらない方がいいという人もいるかも。私はどちらのコルヴォさんも好きかな。
しゃべるようになって思ったのは、コルヴォさんも案外普通の男なんだな、ということ。普通に野心があって、普通に調子にのってハメを外して、普通に恋をしたんだなと。
ジェサミン女王との関係は2になってからようやく分かりましたね。「お前は髪を結うのが嫌いだったね」と女王の肖像画の前で言うセリフが好き。あれだけで2人の親密さが分かる。
それにしてもゲーム中ではコルヴォさんのことを「歳のわりには素敵」だの「老人のような歩き方」だの…。
一体何を言ってるんでしょうか。今がまさに男盛りだろ!?





以上、今年は7名の男性キャラについて書きました。

そういえば今年はUBI男子がいないな…。まあUBIは超メガトン級破壊力を持つ男子を定期的に送り出してくるので、きっとそろそろ、出てくるはず。






最後に、声優さんについて。

今年すごく印象に残ったのは、木下浩之さんです。セバスチャンの声を演じられました。たぶんニルも木下さんだと思う。それから仁王のケリーもそうですね。
木下さんは、毒を含んだ色気のあるお声だなと常々思っていて、そんな声で「リリー、パパだよ」などと優しく言うもんだからもう堪りませんでした。

今年一番声を聞いたのは間違いなく高橋英則さんです。ゴーストリコンのミダス役、ドグマではメインポーンの声でお世話になりました。どちらのゲームも仲間AIなので、ずっと一緒にいてずっと声を聞いていた…しかもどちらのゲームも軽く100時間はプレイしていたので、もうどんだけ長い時間声を聞いていたのか。
高橋さんのお声は、非常に男らしくて温かみのある低音ボイスで、何時間でも聞いていられました笑。





これで今年の記事となります。
来年も細々とゲームについてあれやこれやと書いていくつもりです、よろしくお願いします。


2017年プレイしたゲーム(後)




2017年プレイしたゲーム(前)の続きです。


今年プレイした3DSのゲーム

・逆転裁判6

 クライン王国での主人公はナルホド君、日本ではオドロキ君が主人公と、ダブル主人公。2つの国の事件が繋がっていくという、なんだかスケールの大きい話になったなあ。毎回ナルホド君は絶体絶命の冷や汗ダラダラなんですが、今回が一番酷かったような。ナルホド君は本当にイイ男になった…って5の時も言った気がする。
マヨイちゃんも久しぶりに出てきて嬉しかった。変わってないようで大人になった。でも基本は何も変わってない、そこがいい。
ココネちゃんも一話だけ弁護しますね。ユガミ検事が助っ人として参戦するんですよ!強敵だった人が味方につく頼もしさよ。弁護側にいるユガミ検事のアングルが新鮮でした。途中どアップで迫られるし(好き)
6の登場人物で一番好きだったのは旋風亭美風です。一挙一動に目が離せない感じで見入ってしまいます。登場した瞬間に吹いたのは清木まさはるでした。あんなん笑うわ…。


・ガールズモード4 スタースタイリスト

 ガルモは無印からずっとプレイしています。ガルモ4が発売される前日までガルモ3をほぼ毎日やってたくらい、ガルモをプレイしていない時がないほど好きなゲーム。
それなのに…4は一体どうしちゃったの!?
シナリオ重視になったのが自分には合わないのか、キャラが常識外れの人ばかりで合わないのか……たぶん両方かな。
特に「兄を金づるとしてしか見ていない妹」と「コーヒーをがぶ飲みしてゲップしまくるアイドル」が生理的に無理。
他にも(何だコイツ)と思うキャラばかりで、プレイが苦痛。
そりゃ自分だってお上品な人間じゃないし、お上品なゲームをしてないことのほうが多いけど、ガルモにそんなの求めてないよ…。
システム面では会話スキップとお客様をお待たせできるようになったのが良かったです。とりあえず頑張ってエンディングは見ます。




今年プレイしたPS Vitaのゲーム

・喧嘩番長乙女
 こちらはプレイ感想を書いたので省略。


・喧嘩番長乙女 完全無欠のマイハニー




ファンディスクも買ってしまった。大満足の内容でした!

【アフター・ラブストーリー】
本編で恋愛EDを迎えたその後の話。
恋人(夫)になっても拳で愛を語るんですよ…笑。
紆余曲折を経て結ばれたその後、なのにあなた達何も成長してないじゃないの。相変わらず金春くんは頑固だし、キラリンは重いし、未良子先輩は独占欲が強いし、鳳凰さんは1人で抱え込むし、斗々丸は。
……斗々丸はそのままでいてくれ(めっちゃイイ奴)
一番甘かったのは鳳凰さんの話です、甘いというか濃厚だった(照)これは年齢の差なのか、それともすでに夫婦になってるからなのか。豪快で頼りがいのある兄貴なのに、恋をするとこんな風になっちゃうのね。へえーっ、へえーっ!(興奮)あと鳳凰さんはスチルが色っぽくてズルいです。
喧嘩番長乙女らしいと思ったのは斗々丸のシナリオです。ひなこが自然体で無理がない。恋人であると同時にマブダチなんてうらやまし…。
坂口ファンとしては、本編と比べて坂口がより一層うっとおしく、より変態になっていて歓喜しました。



【UFN】
坂口EDがありました!しかも2つも!!!
ありがとうございます~~これだけでファンディスク買ったかいがあったというものです。
「鳳凰さん・坂口」エンドと「ひかる・坂口」エンド。
ひかる坂口エンドはもう、ひかるとひなこを見守る坂口が幸せすぎてそのまま昇天しそうだなと。
本編の坂口不足が少し解消された…ような気もするし、くそ~坂口攻略したかったのに!という思いがより強くなった気がしないでもない。



Vitaは「死印」と「レイジングループ」がプレイ途中なので、来年中にはクリアしたいです。


2017年12月28日

2017年 プレイしたゲーム(前)




今年プレイしたゲームを振り返ります。

個人的ベスト3を!と思いましたが、どうしても3本に絞り切れずに4本になってしまいました。

以下、今年ベスト4のゲーム。
※プレイした順番です



【ディスオナード2】



前作で主人公を務めたコルヴォが再び主人公に。加えて、前作ではまだ少女でしたが、美しい女性に成長したエミリー女王のダブル主人公です。ストーリーは相変わらずシンプルかつ面白くて引き込まれる。奪われた王座を取り戻すために、1人また1人とターゲットを消していくワクワク感は前作そのまま。
マップの作り込みも相変わらずすごくて、3周目にして「こんな所から侵入できる!」と気づいたり…。ジンドッシュのからくり屋敷は1周目では迷子になりました。
一番面白かったのはスティルトンの屋敷でのミッション。過去と現在を行き来できるようになるんですよね。

ノーキルでクリア、能力を使わずにクリア、見つからずにクリアなど、何周しても新しい発見があって飽きないゲーム。
絵画のようなグラフィックや、魔女やギャングが歌う旋律も物悲しくて好きです。すえた臭いまで漂ってきそうなダンウォールの路地裏や下水路などの雰囲気も好き。

ステルスアクションが好きなのもあるんですが「これこそがゲームだよな!」とプレイしながら何度も感心したのが、このディスオナ2でありました。




【ホライゾン ゼロ ドーン】



この先も記憶に残り続けるゲームになるんじゃないかな。壮大なストーリー、作り込まれた世界観、主人公アーロイのキャラ、などなど…素晴らしかった。それから各種族のファッション、機械獣のデザインも良かった。機械獣は特にストーカーがカッコよくて好きだったなあ。狩りゲーとしても楽しかった。矢がヒットして機械獣の部品がヴイィーンと破壊される瞬間とかね、大好きでした。

DLC「凍てついた大地」もかなりのボリュームでやりごたえがありました。こういうDLCだとお金払う価値があるってもんです。

続編もいつか出そう…ぜひ出して欲しいです。




【ゴーストリコン ワイルドランズ】



まったく興味なかったのに、勧められて始めたらめちゃくちゃ面白かった。勧めてくれたお方に感謝です…!
ゴーストリコンはプレイ記を書いたので、ここでは省略します。




【サイコブレイク2】



前作から一変し、泣けるホラーになって帰ってきました。
結婚指輪から血を流してるように見えるセバスチャン、クリアしてから改めて見ると泣けてくる。

愛する妻と娘を失い絶望したまま抜け殻のように生きているセバスチャンが、訳もわからず悪夢のような世界に放り込まれて、更に絶望を味わう…のが前作サイブレ。

2はセバスチャンがメビウスによって奪われた娘リリーを、そして自分自身の人生を取り戻す物語。すごく簡単にいうとそんな感じ。
いや、もうここでごちゃごちゃ書いても伝えられないです。これはぜひ実際にプレイして欲しい。私は2回プレイして2回とも泣きました…。
こんな風に2を作ってくれて、こんな風にセバスチャンのその後を描いてくれてありがとう、と制作者さまに言いたいです。

2のクリーチャーではオブスキュラが一番好き。ただ全体的には前作クリーチャーのデザインを超えられなかったかなと思う。2でもイベント戦で、サディスト・キーパー・ラウラの3連戦があるんですが、やはり怖かった!

それから2では女性陣がカッコよかったです。それぞれ異なるタイプの美人で、みんな信念を持っていました。逆に男が不甲斐ないというか…そこらへんもう少しバランスよくしても良かったかな。サイクスは無事にSTEMから脱出できたんだろうか。四分の一の確率らしいけど。

それとジョセフです!彼は生きていましたね。「後で話す」みたいなことキッドマンに言われたんですけど、そのまま触れられることなくエンディングに突入してしまいました。気になる。
ジョセフはメビウスに監禁されてるんだろうか。セバスチャンがリリーと脱出してから、車で旅立つまでの間に、キッドマンと2人でジョセフを助け出したんじゃないかと思うんだけど。で、それをDLCで出すんですよね!?というか出してください…。







その他、今年思ったことなど。

・数年ぶりにプレイした乙女ゲームが面白かった(喧嘩番長乙女)
えーとたぶん乙ゲを買ったのは『ラストエスコート クラブカッツェ』以来です。おじさん率とヒゲ率が低いので乙ゲはあまりしません。喧嘩番長乙女は攻略キャラが学生、一番の推しである坂口は攻略対象外…にも関わらず、すごく面白かった。

・ホラーがどれも面白かった
今年プレイしたホラゲはバイオ7、Outlast2、Prey、サイコブレイク2です。
Get Evenはホラーかと思って買ったらホラーではなかった笑。ゲームとしては面白かったです。

ホラーらしくなって帰ってきたバイオ7。丸腰状態でジャックと追いかけっこした序盤がすごく怖かったです。ベイカー一家が良かったですね。主人公のイーサンは正体不明なところがありましたが、どうやら(最強の)一般人だったようです。DLCはクリス主人公の『NOT A HERO』だけやりました。

Preyはもう少しで最高のゲームになったのに…惜しい勿体ない!いや単体で見るとかなり良ゲーなんですが。どうしてもディスオナと比べてしまいました。思い出すのはひたすらゴミ拾いしてリサイクルして、可能な限りタレットを持ち歩いたことです。タロスⅠでの、あの閉塞感と緊張感…たまりません。衝撃のラストも良かった。

怖さでいうとOutlast2がダントツでした。逃げゲーに勝るものなし。恐怖のあまり半ギレになるブレイク君と、彼の息遣いも良かったです。主人公が怖がるとやはり、こちらも怖くなります。それと…自分は女で良かったと真剣に思いました。


・軽い気持ちで始めたゲームにハマった
ゴーストリコンは勧めらなければ絶対にやってないし、FF15は体験版をやらなければ絶対にやってない。体験版大事ですよ…。

・AIとの共闘が楽しかった
優秀なゴーストリコンのホルト、ミダス、ウィーバーの3人。ミッションによっては自分は「撃て!」と命令するだけで終わる。移動中は軽快なトークで楽しませてくれました。素人の意見ですが「こういう状況でこういうセリフを言う」設定?が秀逸で、こちらの気持ちを見透かしたセリフを言うのでいつも感心していました。

FF15のグラディオ、プロンプト、イグニスはセリフの量が多い!とにかく一緒にいるだけで楽しかった。バトル中もかなりしゃべるんですが、肝心のバトルが木が邪魔で何やってるのか見えないことが多かったです。

ドグマのポーンはキャラクリできるAI。ドグマはバトルが本当に楽しいんですよ。ポーンが知識を得るたびに、ああだこうだと覚者に進言するのが可愛かったです。






以下、今年プレイしたゲームをバーッと書き出してみました。



まずはPS4から

・The Elder Scrolls Ⅴ: Skyrim
 PS3でもやりました。なんでこんなに面白いのか。そろそろ新作出して欲しい。

・ディスオナード2

・龍が如く6

・バイオハザード7

・仁王
 今年最も真剣にプレイしたゲーム。気を抜いたら死ぬし。気を抜かなくても死ぬけど。

・アサシンクリード2
 エツィオコレクションを買って2だけクリアしました。コレクション買ったのはリベレのユスフのシーンを録画するためです。それなのにリベレやってないし…。

・ホライゾン ゼロ ドーン

・Outlast2

・Prey

・シャーロックホームズ 悪魔の娘

・ゴーストリコン ワイルドランズ

・Get Even

・ファイナルファンタジー XV

・サイコブレイク2

・ドラゴンズドグマ ダークアリズン


毎回思うけど、PS4のは書くの忘れてるゲームがある気がする、うーん…。
記事が長くなったので、PS Vitaと3DSのゲームは次回書きます。