2014年1月20日

Assassin's Creed IV: Black Flag シークエンス2 【その2】

ネタバレ感想です。








続きです。

報酬少なくて、エドワードはすごく怒ってるわけです。
でもなあ、元はダンカンが貰う報酬だったんだから、はした金でもエエやん。
私だったらここでトンズラするんだけど!

トーレスから賢者を奪うために、屋敷に侵入。
ここのフルシンクロ条件は「戦闘状態にならない」
私の大好きなフルシンクロ条件~o(^▽^)o
これに「殺してはならない」なんかがつくと、一気に難易度上がってしまうんだけど、
ここでは殺してもいいので、邪魔な敵兵を暗殺していきます。
アサクリやってて一番楽しいと思うとき。笑



結局、賢者は自力で逃亡しており、エドワードもニセモノだってバレる。
だから欲張りすぎ。



捕らわれ中の財宝船から脱出します。
捕らわれてる他の捕虜も助けて、船も乗っ取る。

まあ私が船員だったら(もう一生奴隷か溺れて死ぬか…)と絶望的になってるときに
いきなりフードの男が現れて、バッサバッサと敵を切り倒し、
「ひとつ条件がある、俺と一緒に来い(キリ」
なんて言われたら惚れる、もう命預けますよ。


こういうタイプの男は危機的状況になると、その力と魅力を発揮するんですね。
輝いてる…ダメ男のエドワードが輝いてる!!





乗っ取った船でナッソーに向かいます。
この船、今後エドワードが船長を務めるジャクドー号になります。


ところで…
エドワードが金に固執するのは、奥さんと舅に、
「俺はやれば出来る男なんだ」と証明したいからなんですよ。
でも地道に働くほうが奥さんも舅も喜ぶと思うけどね!

良家のお嬢様ってエドワードみたいな悪い男に弱いですよね。
しかも地道に働かない、夢見がちなことばかり言ってる…などなど、
娘を持つ親からからしたらぜったい結婚させたくないタイプ。
この夫婦、いつか破綻しそうです…。


船を手に入れて、これから海賊家業に精を出すみたいです。
財宝船で一緒に戦ったアドウェールはジャックドー号の副官に。




この人、すごくかっこよくて頼りがいあるんですよ~DLCも楽しみです。
そういえばお茶目な商人ボネットにはもう会えないのかな、好きだったのに。


シークエンス2はすごく面白かった…ので詳しく書きましたが、
次回からはもう少し簡潔に書こう、ゲームする時間が減ってしまうのでww
もう怖いくらいハマってます、海戦楽しいよー(〃∇〃)


0 件のコメント:

コメントを投稿